コピー機購入に関して

今回は“コピー機を購入する時の注意点”についてのお話です。業務に欠かせないコピー機を導入する際に検討しなければならないのはコストと機能であることは言うまでもありませんが、少しでも経費を低く抑えるためにリースにするかどうか迷うところです。長く使うことを考えたら新品の方がいいに決まっていますが、これから先を考えてリースで済ませている企業が多いことでしょう。

ここは慎重にしないと後々ありがたくないおまけがつく事もあるのです。はたしてリースとレンタルそして購入のケースを比較検討した場合どれがもっともお得なのか気になります。3つのケースについてすべて条件を同じにした上で、導入コストとランニングコストを比較調査したものが参考になります。対象はコンビニや企業などどこにでも一般に置かれている標準的な複合機で5年間にわたって調査をしました。レンタルとリースの初期費用は購入よりも割安もしくは0円である場合が多いですが、レンタルは契約期間が終了と共にレンタル元に返却することになります。

その場合の撤去費用がかかりますし、中途解約も可能および審査もないですから手軽に利用できますが、製品は選ぶことは出来ず通常は中古品です。一方レンタルも中古ですが初期費用はかからない変わりに中途解約が出来ませんし製品は選べるが当たり外れがあります。と言うことでいずれもメリットデメリット両方ありますからリスクも検討した上での利用が無難です。結果的には初期費用が高額になるもののランニングコストは新規購入が最もお得でした。とどのつまり経費を先に持ってくるか後に持ってくるかという問題になります。