安いのはどっち?

ビジネスの必需品である複合コピー機を導入するとなった時、レンタル・リース・新規購入といずれが妥当かというと使用する期間によって違ってくる点を述べました。おおよそ2~3年で差が出てきますから特定期間だけリースもしくはレンタルを使用して3年めの更新時に思い切って新規購入を考えると言うパターンがおすすめです。

レンタルにするかリースにするかで迷った時も契約期間で両者の特徴を比較してみると見えてくるものがいくつかあるはずです。どちらも“借りる”事は共通しているのですがレンタルの場合は、業者から直接中古を借りますからレンタル料金が発生しますし、契約期間は最短の数週間から数ヶ月です。一時的に短期間だけ借りたいという場合におすすめです。リースはコピー機を業者に前もって買ってもらってから借りる形になりますから、初期費用は発生しませんしリース料金も経費として勘定できるのがメリットです。

契約期間が数年に及ぶパターンも珍しくありませんし最新機器を手に出来る場合もあります。ただし格安コピー機である可能性もありますから製品をしっかり吟味して利用すべきです。契約終了時に買取りか再契約か返却のうちのいずれかを選択できるのも魅力です。使用頻度が高いならリースはおすすめですが、新規購入ならけして発生しないであろうコストが発生してきますからずっと使い続けるなら、やはり早いうちに資金をためて新規購入する方が結果的にはお得です。

参考HP≪中古コピー機販売・複合機リースのOAランド